加入收藏 | 设为首页 |

婆婆日语怎么说

婆媳 时间:2019-12-19 编辑:诚信在线娱乐 浏览:
外来種雑草オオイヌノフグリは中国の地域性悪質雑草であり、主に夏収穫する作物に対して危害を及ぼす。 外来杂草波斯婆婆纳是我国区域性恶性杂草,主要在夏熟作物田中危害。 4月になるとオオイヌノフグリとハコベでアブラムシ類の個体数はピークに達した

外来種雑草オオイヌノフグリは中国の地域性悪質雑草であり、主に夏収穫する作物に対して危害を及ぼす。
外来杂草波斯婆婆纳是我国区域性恶性杂草,主要在夏熟作物田中危害。

4月になるとオオイヌノフグリとハコベでアブラムシ類の個体数はピークに達したが,寄主植物の生育の衰えとともに減少した。
进入4月后,波斯婆婆纳和繁缕上的蚜虫类个体数达到峰值,但数量随着寄主植物的生长放缓出现了减少。

この例文の下線部の「娘」は若い女の人という意味で用いられていて間接照応しないが,「お婆さん」の「娘」であると解析してしまった
该例句中下划线部分“娘”指的是年轻女人,不产生间接照应,但是却错误地分析成“婆婆”的“女儿”。

その一方で、ヨーロッパや西アジアが原産地のオオイヌノフグリV.persicaやタチイヌノフグリV.arvensisはごくありふれた草花になっている。
另外,欧洲和西亚原产的大婆婆纳V.persica和莴婆婆纳V.arvensis变成了非常普遍的花草。

その一方で、ヨーロッパや西アジアが原産地のオオイヌノフグリV.persicaやタチイヌノフグリV.arvensisはごくありふれた草花になっている。
另外,欧洲和西亚原产的大婆婆纳V.persica和莴婆婆纳V.arvensis变成了非常普遍的花草。

オオイヌノフグリの地上部分の水抽出液を用い、小麦、アブラナ、早熟穀類、トールフェスクの発芽培養試験を行い、オオイヌノフグリの他感作用(Allelopathy)を研究した。
通过其地上部分的水浸提液对小麦、油菜、早熟禾和高羊茅种子的萌发培养实验,研究波斯婆婆纳的化感效应。

研究の結果、オオイヌノフグリの地上部分の水抽出液は、試料の植物の発芽、根元の長さ、若苗の乾燥重に対して著しい抑制作用があり、濃度が高いほど抑制作用が強かった。
研究表明,波斯婆婆纳地上部分的水浸提液对4种受试植物种子萌发、根长和幼苗干重均有显著的抑制作用,浓度越高,抑制作用越强。

60歳になった時に比べてみたらAさんはしわくちゃで見たとこ80歳位のばあさんでBさんははつらつとしており,見たとこ40歳位で2人の間には大変な開きが出てしまった。
等到60岁时两人比较,A女皱皱巴巴的看上去像80岁的老婆婆,而B女则充满活力,看上去就像40岁一样,两人间有了巨大的差距。

カンキツB園では,2000年3?5月にはオオイヌノフグリやホトケノザ,ミドリハコベ,ヤハズエンドウで密度が高まったが,密度が上昇した時期はミカンキイロアザミウマよりやや早かった。
在柑橘园B,2000年3~5月葱马在波斯婆婆纳及宝盖草、赛繁缕和窄叶野豌豆上的密度较高,密度上升期略早于西花蓟马。

3月にはオオイヌノフグリ,ナズナ,ハコベ,ホトケノザ,ヤエムグラおよびカラスノエンドウでアブラムシ類の発生が多く,アザミウマ類とハダニ類はホトケノザおよびヤエムグラでわずかに発生が確認された。
3月是波斯婆婆纳、荠菜、繁缕、宝盖草、猪殃殃和野豌豆的蚜虫类多发期,确认到蓟马类和叶螨类仅在宝盖草和猪殃殃上有少量发生。

用"婆婆"造句